昔のじじいはどスケベだった…

TOP>昔のじじいはどスケベだった…

昔のじじいはどスケベだった…: コミなび|スマホDL版


あらすじ、作者、登場人物など


エロ漫画(大人コミック)のジャンルで人気の高い昔のじじいはどスケベだった…のあらすじ、作者、登場人物や感想(レビュー)と配信元のコミなび(旧めちゃコミforスマートフォン)を紹介しています♪
iphone、android搭載のスマホにDL(ダウンロード)して楽しめますよ♪


登場人物・・
人妻・沙代子、義父、夫・清など
舞台・・
沙代子と義父が住む家など


あらすじ・・
時は昭和35年のこと・・
沙代子は、田舎の農家に嫁いたが夫の清が3ヶ月前に病気で入院したことから、今は義父と二人で暮らしていた。
そして最近になって、義父の厭らしい視線を感じる機会が多くなった沙代子だったが・・。
ある日のこと、義父に言われるまま下着も付けずに作業服1枚で、義父と一緒に田植えの手伝いをさせられる羽目になってしまう。
沙代子が田植えをしていると、いきなり彼女のお尻に抱きついてくる義父。
さらに、義父は「もんぺの横穴は夫婦が畑で楽しむために開いておるんじゃぞ」と言って、沙代子の下半身を触り始める。
抵抗して暴れた拍子に手が田んぼにハマって身動き出来なくなってしまう沙代子。
義父にヤリたい放題エッチをされ、イカされまくる沙代子の運命は・・?!
作者、ポイントは・・
作者:桐生玲峰。1話:60PT。

無料立ち読みはコチラのオトナ(♂)ジャンルから♪

↓   ↓   ↓



docomo、au、softbank公式サイト
入会・登録は月300円(消費税別)〜

↓↓コミなびの詳細↓↓



感想(レビュー)など


農家の嫁になって半年も経たないうちに夫が入院し義父との二人暮らしになった人妻が、その義父に厭らしい行為をされているうちに感じる身体にされ、義父の性的家畜へと堕ちていくオトナジャンルのコミック(エロ漫画)です。
もんぺの横穴が開いている理由は夫婦が畑仕事中にエッチを楽しむため、って本当の話なんでしょうかね。
確かに今どきの草食系男子より、ひと昔まえの農家の男子の方が精力が旺盛だったのは事実だとは思いますが・・。
なお、『コミなび』に入会すると、桐生玲峰・鱗の他の作品『母親スワップ-お前のカーチャン俺のモノ♪』『淫婚式-寝取られた花嫁』『夫の葬儀で住職に汚された未亡人』なども楽しめるんですよ♪

無料立ち読みはコチラのオトナ(♂)ジャンルから♪

↓   ↓   ↓



docomo、au、softbank公式サイト
入会・登録は月300円(消費税別)〜

↓↓コミなびの詳細↓↓





リンク集
inserted by FC2 system